体の改善・お役立ち情報記事一覧

側腹法習慣性の腰痛予防に「側腹法」というのがあります。どうするのかというと、脇腹を柔らかくするのです。肋骨の一番下の骨がありますね。それから、骨盤の骨がありますね。手を腰に持ってきて、脇腹に入れます。お風呂あがりにコーヒー牛乳を飲むときにする、あのポーズです。脇からぐっと手を入れて、脇腹をつかみます。この時に、なるべく中の方までググッと手を入れて、内臓まで届くようにつかみます。前回、お伝えしたよう...

足指握手まずは、足指握手でほぐしましょう!足の指、一本一本の間に手の指を挟んでいきます。なるべく根元まで指を差し込みます。肩こりがある人などは、指が開きにくくて、痛いかもしれません。でも、やった方が良いですよ。肩こり、頭痛も改善されます。足の指、特に小指ですけど曲がったり捻れたりしている人が多いけど、それも伸ばしておきましょう!足の指はですね、曲がってしまったものは、もう伸びないと思っていらっしゃ...

薬に頼らず、咳を止める良い方法があります。ツボ押しです。どんな咳もピタリと止まる、速攻ツボがあります。腕の内側には、呼吸器に関係する経絡があります。気管支は、体の余分な水分の排出を行なっていてこれがうまくいかないと、たんや咳が出るのです。腕の内側に、孔最(コウサイ)というツボがあります。どんな咳にも効く即効ツボです。このツボを親指で強く揉みほぐすようにしていると、咳が鎮まる事が多いです。ひどい咳が...

足のむくみは、軽視してはいけません。上半身は、心臓というポンプがあるので、まあ、流れやすいですね。手先や足の指先、末端まで流れた血液は毛細血管まで流れて行き、そして、滞りなく回収されて静脈にのって心臓まで戻って行きます。下半身には、心臓のようなポンプ機能がないのでそこで、代わりにポンプの役目を果たすのが、ふくらはぎの筋肉です。ふくらはぎの筋肉のぜん動運動で、血液もリンパ液も心臓に向かって送り返され...

【頑張らずに理想の体型になる方法】@下半身太りからの脱却そういえば、ですけど私は昔、すごく悩んでいた事がありました。体型の悩みです。上半身に比べて脚だけが太い下半身デブの悩みです。いつの間にか、その悩みから脱却できていました。それで、私が、どうやってその悩みから脱却したのかを思い出しながら少し詳しくお伝えしていこうかな、と思います。アンバランスな体型が嫌で嫌で、死ぬほど悩んでいたんですけどね。同じ...

ヒポクラテスの格言「歩くと身体が軽くなる」「人は自然から遠ざかるほど病気に近づく」「病気は食事療法と運動によって治療できる」「人間は誰でも体の中に百人の名医を持っている」「筋肉を十分に使っている人は病気に罹りにくく、いつまでも若々しい」「心に起きることは全て身体に影響し、身体に起きることもまた心に影響する」「病気は、人間が自らの力をもって自然に治すものであり、医者はこれを手助けするものである」「私...

〜揺らす〜人の体は、原子で出来ています。原子核の周りに、電子というのありそれが常に振動して動き回っています。これが、波動というものです。「波動は共鳴する」人は、揺らすと心地よいと感じます。一定のリズムでの揺らぎは、心地よく癒され細胞も活性化されるのです。「心地よいと感じることは、体にも良い。心地よいと感じる時に、体も緩む。」心地よいと感じる時は、呼吸も深く、安心感もあります。そして、心地よさも共鳴...

頭が痛い、肩がこる、冷える、肌が荒れる、生理不順など病名がつくほどではないけれど、どうにかしたい不快な症状・・・これらは全て、脳から発せられるSOSのサインです。脳には体中の情報が集まっていますが、脳は神経とつながっており、神経は体中のたくさんのツボとつながっているのです。ツボの刺激は神経を通して脳に届く@ ツボ押しによって鈍った神経が活性化  ↓A 情報が脳の視床下部へ  ↓B 脳から調整指令が...

私たち人間には、肉体があります。もともとは、魂(エネルギー体)の存在ですが、この世で生きて行くためには肉体が必要で、しかも、快適に過ごすためには肉体の健康を維持する必要があります。体が無くては、色々な体験をする事が出来ないからですね。で、この体の健康ですが、私は、「筋肉の質と量」が大いに関係があると思っています。健康=筋肉の質・量体に限って言えば、です。あと、精神的な事(思考) にももちろん関係性...